■ 庭園

庫裡前庭園
 保壽院の庫裡・本堂前の庭園は昭和60年頃に庫裡の改築とともに築庭されました。 庫裡前庭園は小池勇三氏設計であり、永保寺の名勝庭園を借景に蓬莱山を中心に置き、杉苔と白河砂の砂紋で構成された贅沢な造りです。 大方玄関前は、岩に着いた根上りの松・水盤・灯篭で構成され、旧来の樹木を巧みに取り込んでいます。


庫裡前庭園
 本堂前には百日紅(さるすべり)が、少し西側に枝垂桜が配されており春から夏の終わり頃まで楽しめます。 また本堂西側庭園は低めに剪定された松林と杉苔で覆われ、松林を抜けると古い水車小屋を利用した茶室があります。


本堂西側庭園

大方玄関前


本堂西側

大方玄関前


三門内側の百日紅

枝垂桜