●お位牌について

 位牌の起源は儒教に基づくとか、神道で用いた霊代(たましろ)が原形であると考えられ、 故人の霊が宿るものとして尊崇礼拝されています。
 多治見では四十九日の中陰あけまで白木を用い、内(うち)位牌と野(の)位牌の2種を作ります。 内位牌は葬式のあと屋内の中陰壇に用い、野位牌は野辺送りのとき墓所へ持参して埋葬個所に安置します。 野位牌は中陰があけると墓所に埋めたり、寺に持参していただき焼却します。 近年は火葬のあと中陰あけまで遺骨を屋内に留める風習が一般化しているため野位牌を省略する場合もあります。
 内位牌は中陰あけのとき黒の漆や金箔の塗り位牌、唐木の位牌に作りかえ、開眼供養を行います。 位牌には戒名・没年などを刻むことが必要ですから、四十九日の中陰法要直前に仏具屋さんに頼まれても間に合いません。 早めに準備してください。
 位牌には一つの位牌に2霊以上書く合同位牌や、何枚かの板が収納できる繰(くり)出し位牌もあります。 繰り出し位牌はコンパクトにまとまり、狭い仏壇に祀るには便利ですが、月命日ごとに該当霊を一番前に繰り出す必要があります。 もし手間を惜しまれるのであれば、繰り出し位牌はお勧めしません。 多くのご先祖霊が全て書かれた合同位牌をお勧めします。




























●葬儀について

 身内の方におきる突然の不幸は、たとえ覚悟をしていても、誰しもがうろたえるものです。 死者の枕元で行う枕経は、今日では成仏を促し、悪霊がつかないように枕元に灯明をともし、 魔よけの刃物を置き、枕飯・水などを供えて行われます。 枕経にはそうした心意の表現が含まれていますが、私どもでは身内の方々の安心を目的として行うようにしています。 喪家から連絡があればできるだけ早く読経に訪れ、葬儀の日程や様々な対応に関するご相談に応じるように努めます。 お坊さんが忙しく、いつまで待っても読経に来ていただけないような事態を避けるよう職員の日程を調整し、深夜にも対応しています。
 お通夜には本通夜・仮通夜などがあります。多くのお寺では、本通夜のみの読経が一般的です。 私どもでは遺族の方々に安心を与えることが目的ですから、葬儀までの日程が長い場合には毎晩の仮通夜にお伺いします。 本通夜の席では遺族の方々とお話しすることが事実上困難なため、仮通夜の席で様々なお話を伺います。  本通夜の席では、参詣者の皆様に経本をお配りし、30分程度ご一緒に読経していただきます。 近年では葬祭場の椅子席にて行われることが多く、足が痛くなる心配もありません。 私どもでは、通夜に参詣された方々の自己の完成を目標としており、 清浄な心で焼香していただくための読経ととらえています。
 私どもの行う葬儀の内容は、仏教徒として最も重要な儀式である授戒の作法に従って行われます。 この世で最後の授戒であり、様々な煩悩・罪悪を懺悔し、仏に帰依し、教えと信心の仲間をよりどころとすることを誓います。 身を飾る煩悩の髪とひげを剃り除き、お棺の前で仏・菩薩の名を唱え、悟りの世界に導いていただくよう念じます。
これらの内容を早口で唱えることは簡単です。慣れた坊さんであれば居眠りしながらでも唱えることができるでしょう。 私たちはこの世で最後の仏教徒として最も大切な儀式ととらえ、最大の礼を尽くし、 時間の許す限り丁寧に厳修させていただくようにしています。
なお事情により、限られた時間内で急いで葬儀を終わらせたいというご希望があれば対応することもできます。




























●お布施について

 多くの方にとって最も知りたいと思われることがお布施の金額だと思います。 檀信徒の中には生活に余裕のあるご家庭、またその逆のご家庭もあります。 お布施は読経時間に対する対価ではありません。 檀信徒による相互扶助という考え方を採っています。 法事等での読経は、全ての檀信徒のご家庭で全く同じように執り行います。 また日時の予約も申し込み順です。
余裕のあるご家庭では余裕の無い方の分まで負担することにより功徳になります。 同様に、余裕の無いご家庭では余裕のあるご家庭に多く負担していただくための機会を与えるという功徳があります。 もしお互いが他のために私が多く出すとか、他のために私が受けるなどということを思えば、お互いの功徳はたちまち消えうせてしまいます。 それぞれの立場状況で、精一杯の布施を行い、後々に自分自身で悔やまない程度にしていただければ充分です。
・一般的な法事の場合、平均が3万円前後です
・葬儀などでは0~100万円以上と事情により異なります。枕経の際に遠慮なくお申し出ください。
葬儀では私どもとご縁を結ばれた方であれば、財産も身寄りもない方から、 多くの資産を残された方まで全て同じ内容で(僧侶人数に違いはあります)厳修させていただきます。




























●寄付について

私どもでは寄付をお願いするのではなく、あくまでも喜捨をお願いします。
喜捨とは喜んで財物を施すことであり、報償を求めない施しのことです。 お寺の寄付が戒名などで決められ、高額であることに不満を覚えられることを伺います。 私どもでは既に亡くなった方の過去の戒名によって寄付を求めることはありません。 それぞれのご家庭では様々な事情があり、その時々によって精一杯のことをしていただくことを求めます。
 寺では絶えず伽藍修理を行い、清浄を保ち、未来永劫に亘って仏法を護持しなくてはなりません。 そのための喜捨はどうしても必要であり、皆様からの喜捨なくして護持するためには高額な布施を要求する事態となってしまいます。
私どもでは、檀信徒の方々に時々喜捨を行う機会を設けるようにしています。 寺と縁の有るご家庭に喜捨のお願いに伺いますが、寄附帳などに記載していただくことをしません。 全て直接指定口座に振込みをしていただく方法を採っています。
 例え貧者の一灯であっても、寺を護持する気持ちは皆さん同じです。 喜捨においてもお互いに助け合う心を大切にしたいと思います。




























●絶家について

 近年の核家族・小子化により絶家となる可能性を秘めたご家庭が増えてきました。 葬儀だけは葬儀社の紹介された寺院で済ませたが、ご遺骨の埋葬・位牌の維持・永代供養 などの問題を抱えて相談に訪れる方がおられます。
 私どもで葬儀等を執行された檀信徒の方に限り、寺にて位牌を預かり、永代供養を行う等の対応をさせていただいています。 なおご遺骨の永代供養は行いませんので、合祀されるか、墓地がある場合には各自埋葬していただきます。 なお墓地の改葬につきましては、それぞれの管理者にお問い合わせいただくことになります。




























●永代供養について

 時々、檀信徒以外の方から永代供養をやっているかとの問い合わせがあります。 結論から申しますと、永代供養という名目の法要は行っておりませんが、 古来より、祠堂(檀信徒各家の位牌を祀るお堂)施餓鬼という形での供養を行っています。 祠堂金(先祖代々の供養のために祠堂修復維持の名目で寺院に喜捨する金銭)を納められた方を対象に行われる 法要で、実際には寺で位牌を祀る祠堂と位牌を永代維持するわけですから永代供養と同じようなものです。 多くの檀信徒はそれぞれのご自宅でお位牌を祀られ、また寺の位牌堂にもお位牌を祀られています。 寺の位牌堂では毎日仏飯(私どもでは霊供膳)をお供えし、秋の彼岸中日には祠堂施餓鬼法要を行って供養します。 祠堂施餓鬼法要は決して絶家を前提にした法要ではありません。 祠堂金はその利子で永代に渡って供養するという目的から、相当な金額が必要になります。 一霊につき30万円前後ですが、お布施同様に檀信徒の相互扶助が原則です。 余裕の有る方には少しでも多くお願いし、無縁の方までも供養して行きたいと思います。




























●お寺に不満